S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
27年2月26日一般質問ぁ‘値椶寮鞍と社会福祉事業団について
最後に、特養の整備と社会福祉事業団について伺います。
現在特養は、19施設で1452名を受け入れています。また、25年3月現在における特養の入所希望者数は2284人で、ここ数年は2300人前後となっています。2025年の大介護時代を迎えるにあたり、特養の計画的な整備促進を図り、在宅生活が困難な方の地域生活の継続を支援することは極めて重要な課題であります。
区は、平成37年度末までに約千名を増やす計画を立てており、その為に、学校跡地や都・国有地などに整備する方針であると認識しています。しかし、今期の「介護保険事業計画」では特養を4カ所、230人分を整備する計画でしたが、整備されたのは1カ所、100人に過ぎません。
また、4月からは介護報酬が改定となり、特養の基本報酬は、報酬全体の引き下げ幅2・27%に対して約6%もの引き下げとなっています。加えて、建設費の平米単価の高騰が続いており、特養の整備計画に多大な影響が出るのではないかと懸念を持っています。特養の整備率が全都最低クラスになっている現状を改善するためにも、責任を持って進めなければなりません。整備計画に対する認識と可能性について、見解をうかがいます。
関連し、社会福祉事業団について伺います。
昨年の4定で、区は事業団が新たな施設運営を担い、経営基盤の強化を図ることが自立につながると繰り返し答弁してきたにも関わらず、特養の建設を断念したことは、自立の道を自ら閉ざしたものと断言せざるを得ない。自立に対する、危機感や緊張感が区・事業団双方に欠如しており、経営陣の刷新を求めました。
そうしたなか、昨年12月に杉並区が、今年2月には豊島区が、交流自治体に特養の整備計画を発表しました。介護保険では高齢者が移住して特養に入所した場合、移住元が財政負担をする「住所地特例」制度がありますが、両区は制度の枠を超え地方移住型の特養を建設しようとしているのです。ある意味では、双方にプラスとなる自治体間連携の先駆的モデルとしても大きな意義ある取組と考えます。自立が喫緊の課題である事業団が率先してこうした動向とらえ、自立の道への活路を絶えず拓く懸命さを示すべきと考えますが、区の見解を伺います。

 
| h-itai | 議会報告 | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
27年2月26日一般質問 望みながら幼稚園に入園できない子どもについて
次に、望みながら幼稚園に入園できない子どもについて伺います。 
昨年の予算委員会で、25年度版の「保健福祉総合事業概要」に掲載されている数字を挙げて、3歳から5歳までの幼児のうち、在宅で子育てをされている子どもの数は1935人と読み取れるが、どの様な所で子育をされているのかと尋ねたところ、711人は把握しているがその他は分らないとの答弁でした。更に、望みながら私立幼稚園に入園できない3歳児の子どもの数について質問したところ、「平成24年度で860人、25年度で1010人、26年度で1115人と増加傾向にある」との答弁でした。26年度版の同事業概要では、その数は144人増え2079人となっており、特に4・5歳児で、在宅で子育てをされている割合が約7%と年々高くなっています。また27年度、私立幼稚園に入園できない3歳児は約1300人となっており、3年続けて千人を超えています。
今後5年間、幼児人口の増加が見込まれるなか、幼児教育の重要性を説いているわが党としては、望みながら幼稚園に入園できない子どもが増え続け、在宅になっても、どの様な環境で過ごしているか、掌握できていないことは、見過ごせないと考えます。区はこの状況をどの様に認識しているのか伺います。
重ねて申し上げますが、わが党は、人の一生の中で、幼児期は生涯にわたる人間形成の基礎が培われる重要な時期であり、幼児は遊びや生活を通じて、情緒的・知的・社会性を身につけるばかりか、知的・感情的な面だけでなく、人間関係の面においても、急速に成長する時期なのです。区も就学前幼児教育を推進することを表明されていますので、在宅になっている幼児が、どの様な環境で過ごしているかを調査することは、重要な一歩と認識していますが、区の見解を伺います。

 
| h-itai | 議会報告 | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
27年2月26日一般質問◆ー,縫ャチボールのできる公園の整備について伺います。
次にキャチボールのできる公園の整備について伺います。
昨年4月1日現在、街区内に住む者が利用できる公園は174か所あります。
こうした公園の一つで、ある出来事が発生しました。それは、小学生がキャチボールで遊んでいた際、公園の物置にボールをぶつけていたことに立腹された近所の方が、学校に苦情を申し立てた事がきっかけとなり、校長が全校集会で、ボール遊びをしないよう徹底したとの話を伺いました。
担当課に問合せたところ「野球・サッカーを禁止」しているが、キャッチボール自体は禁止していない。しかし、利用者マナーが悪いことなどが原因で、近隣や利用者間のトラブルが絶えない公園には「かたいボール・バットの使用を禁止」などの表示を行っている公園が多数ある」との回答でした。更に解決策を求めたところ「利用者みずからが広場の利用状況や近隣住宅など周囲の状況を見て、自己責任において利用することが、公園利用のルール」との答えでした。
文科省の「平成25年度体力・運動能力調査」によれば、ボール投げは全体的に低下傾向が続いており、なかでも11歳男子は今回、過去最低の28・4メートルで、昭和39年度調査の33・4メートルに比べて15%も低下しています。区内の児童生徒のボール投げはさらに下回る結果になっています。教育委員会では、体力向上・健康推進検討委員会を設置し、体力を「人間の活動の源・生きる力の重要な要素」と捉えていますが、放課後や校庭開放において、ボール遊びを制限している学校が多いことを考えると、危機感と現状がマッチしていないと言えます。ゆえに、子どもの身近な遊び場でもある公園において、防球ネットやフェンスで囲んだ専用のスペースを設けることで、積極的にキャッチボールができるよう環境整備をすべきであります。もちろん、近隣の理解を得るための努力は惜しんではなりません。区の見解を求めます。

 
| h-itai | 議会報告 | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
27年2月26日一般質問 ‐祿下團好檗璽弔凌篆覆砲弔い
はじめに、障害者スポーツの推進について伺います。
2020年、東京でオリンピック・パラリンピックが開催され、世界中のトップアスリートが、東京に集まり競技で成績を競う。このことは、世田谷区民のスポーツ気運を醸成する機会となるだけでなく、ボランティアやおもてなしなど、区民の国際理解や国際交流などを深める、またとない機会になることでありましょう。
私は、重度の障害者施設で働いていた時に、障害者スポーツに関わる貴重な体験をさせて頂きました。そうした体験から、障害者スポーツには、パラリンピックの競技種目だけでなく障害のある人もない人も一緒に参加できる種目も様々あり、障害の垣根を払い、心底楽しめる力があると実感しています。故に私は、この好機をとらえ、障害者理解や障害者スポーツの推進に大いに活用すべきと考えます。
文科省も3月末をめどに「モデル地域」を指定して、小中学校で障害者スポーツへの理解を深める体験や交流を推進するとしています。具体的にはパラリンピック選手の出前講座やブラインドサッカーや車いす卓球などの体験を想定しています。
区としても、パラリンピックを契機として、国と同様な取組を行い、障害者スポーツの情報を幅広く発信し、障害のある人とない人が、一緒にスポーツを楽しむことができる環境を整備することが、役割ではないでしょうか。そのためにも周知、啓発や人材の育成、スポーツ気運の醸成、障害者スポーツを通じた交流の機会の提供など、積極的な取組が求められます。
 今年度、区が策定したスポーツ推進計画・年次計画で、障害者スポーツについて、スポーツに参加する機会の充実とスポーツ環境の整備検討を進めていくとしていますが、区は障害者スポーツをどのように推進する考えなのか、今後の具体的な展開を含めお伺いいたします。


 
| h-itai | 議会報告 | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
11月26日 一般質問します。

11月25日から定例会が始まります。
26日13時10分頃一般質問をします。
何と1番目です。1番は15年6月以来2回目です。

 

| h-itai | 議会報告 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
26年3定 代表質問

明日から第3回定例会
板井は公明党を代表して17日に質問いたします。


質問順序

9月16日(火曜日)

予定時刻 質問順序 質問者
13時00分〜 区長挨拶、諸般の報告
代表質問 生ネ社 桜井 純子議員
(休憩20分程度)
15時00分〜 代表質問 共産 桜井 稔議員
代表質問 民主 中塚 さちよ議員
代表質問 F行革 大庭 正明議員

 9月17日(水曜日)

予定時刻 質問順序 質問者
10時00分〜 代表質問 自民 下山 芳男議員
(休憩50分程度)
12時10分〜 代表質問 公明 板井 斎議員
一般質問 1番 平塚 敬二議員
一般質問 2番 三井 みほこ議員
一般質問 3番 あべ 力也議員
(休憩20分程度) 
14時30分〜 一般質問 4番 福田 妙美議員
一般質問 5番 高岡 じゅん子議員
一般質問 6番 村田 義則議員
一般質問 7番 中村 公太朗議員
一般質問 8番 すえおか 雅之議員
一般質問 9番 上山 なおのり議員

 9月18日(木曜日)

予定時刻 質問順序 質問者
10時00分〜 一般質問 10番 和田 秀壽議員
一般質問 11番 上川 あや議員
一般質問 12番 ひうち 優子議員
一般質問 13番 青空 こうじ議員
一般質問 14番 新川 勝二議員
一般質問 15番 江口 じゅん子議員
(休憩50分程度)
12時50分〜 一般質問 16番 津上 仁志議員
一般質問 17番  小泉 たま子議員
一般質問 18番 桃野 よしふみ議員
一般質問 19番 木下 泰之議員
一般質問 20番 石川 征男議員
一般質問 21番 唐沢 としみ議員
(休憩20分程度)
15時10分〜 一般質問 22番 あべ 弘幸議員
一般質問 23番 佐藤 美樹議員
一般質問 24番  杉田 光信議員
(休憩10分程度)
16時20分〜 議案の付託等 
| h-itai | 議会報告 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
2月4日区民生活常任委員会

1.報告事項
  (1) 平成二十六年第一回区議会定例会提出予定案件について
  〔議案〕
    \づ鎮区立地区会館条例の一部を改正する条例
   ◆\づ鎮区立区民センター条例の一部を改正する条例
    世田谷区出張所設置条例の一部を改正する条例
   ぁ\づ鎮区立地域体育館・地区体育室条例の一部を改正する条例
  〔諮問〕
    /邑⇒文邂儖候補者推薦の諮問
  〔報告〕
    ゝ腸颪琉冉い砲茲訐豬莉菠の報告(門柱損傷事故に係る損害賠償額の決定)
  (2) 世田谷区基本計画(案)について
  (3) 世田谷区新実施計画(案)について
  (4) 世田谷区実施計画・世田谷区行政経営改革計画(平成二十四年度〜平成二十五年度)推進状況(案)について
  (5) 平成二十六年四月一日付け組織改正(案)について
  (6) 平成二十六年度における生活保護基準の見直しに伴い影響の生じる事業への区の対応について
  (7) 世田谷区債権管理重点プラン(平成二十六〜二十九年度)について
  (8) 旧希望丘中学校跡地活用方針(案)について
  (9) (仮称)上馬複合施設基本構想について
  (10) 代田区民センターの開館について
  (11) 世田谷区立北沢区民会館の休館について
  (12) 玉川総合支所庁舎・区民会館の基本構想の検討状況について
  (13) 東日本大震災復興支援金の寄贈(第五次分)及び募集期間の延長について
  (14) 「地域の絆推進事業」の次期制度への取組みについて
  (15) 世田谷区第二期文化・芸術振興計画(案)について
  (16) 第二十回ウィニペグ市中学生親善訪問団の受入れについて
  (17) 世田谷区スポーツ推進計画(案)について
  (18) 世田谷区産業振興計画(平成二十六年度〜二十九年度)(案)について
  (19) (仮称)喜多見農業公園予定地の暫定利用について
  (20) その他
 2.資料配付
  (1) 平成二十五年度「世田谷のボロ市」の開催結果について
  (2) 平成二十六年「新成人のつどい」の実施結果について
  (3) 「第三十二回二子玉川花みず木フェスティバル」の開催について
  (4) 世田谷花みず木女流オープン戦、小・中学生花みず木竜王戦の開催について
  (5) 「三茶おしごとカフェ」等の配布について

| h-itai | 議会報告 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
26年2月10日 災害・防犯・オウム問題対策等特別委員会

 災害・防犯・オウム問題対策等特別委員会


| h-itai | 議会報告 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
25年12月18日 区民生活常任委員会

1.報告事項
  (1) 消費税率の引上げに伴う区の対応方針について
  (2) 世田谷区新実施計画(素案)の追加報告について
  (3) 旧希望丘中学校跡地活用方針(案)の検討について
  (4) 世田谷区立桜丘区民センターの大規模改修工事について
  (5) (仮称)世田谷区町会・自治会への加入促進及び地域社会の活性化を進める条例素案に対するパブリックコメントの概要及び今後の対応について
  (6) 「平成二十五年度地域創造大賞(総務大臣賞)の受賞」について
  (7) プレミアム付区内共通商品券アンケート調査結果等について
  (8) 世田谷ものづくり学校第二期第四年度の実績等について
  (9) 世田谷ものづくり学校運営事業者の選定結果について
  (10) 損害賠償(住民訴訟)請求事件の判決について
  (11) 区民農園の閉園について
  (12) 大島町災害廃棄物の受入れについて
  (13) ペットボトル店頭回収(東京ルール掘忙業の廃止について
  (14) その他 


 (仮称)世田谷区町会・自治会への加入促進及び地域社会の活性化を進める条例素案に対して、条例の先送りが示された。

| h-itai | 議会報告 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
25年12月4日 災害・防犯・オウム問題対策等特別委員会

 1.報告事項
  (1) オウム真理教問題対策について
  (2) 世田谷区内「犯罪ゼロの日」の実施結果について
  (3) 急傾斜地の防災対策について
  (4) 台風二十六号による災害弔慰金の支給について
  (5) 自治体間における大規模災害時における相互応援に関する協定締結について
  (6) その他


 

| h-itai | 議会報告 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP