S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
水辺の再生

二子玉川で水辺活用の気運高まる−2つの水辺活用会議開催、鍵は「未来思考」

二子玉川で水辺活用の気運高まる−2つの水辺活用会議開催、鍵は「未来思考」

「ミズベリング兵庫島 クリエイティブミーティング」の様子・PEACE CAFE REBORN PROJECTについて説明する鎌田さん(中)

写真を拡大地図を拡大

 二子玉川エリアで11月16日、多摩川の水辺活用を話し合う2つの会議「ミズベリング兵庫島 クリエイティブミーティング」と「せたがや水辺の未来フューチャーセッション」が開かれた。

「せたがや水辺の未来フューチャーセッション」の様子

 二子玉川ライズのカタリストBA(世田谷区玉川2)で開かれた「ミズベリング兵庫島 クリエイティブミーティング」は今年5月に発足した「ミズベリングニコタマ会議」(坪田哲司代表)が主催。約20人のコアメンバーが月に1回ほどのペースでミーティングを重ね、二子玉川の多摩川水辺環境と空間の活用などについて市民目線で話し合ってきた。これまでに一般に向けイベントとして、世界的橋梁デザイナーのローラン・ネイさんを招待した「ミズベリングブリッジデザイン会議」のほか、「ミズベ・ビア・ピクニックー 多摩川の水辺でクラフトビールを楽しむ集い」などを開いた。

 4回目のイベントとなる今回は、世田谷区が管理する多摩川河川敷「兵庫島公園」(玉川3)に焦点を当て、「二子玉川のアーバンアイランド、創造計画」をテーマに掲げた。14時から19時まで、トークセッションとワークショップ、JAZZライブによる懇親会の3部構成で約40人が参加し盛り上がった。

 トークセッションには、2010年まで同所で「PEACE CAFE」を営んでいた「PEACE TOKYO」主宰の鎌田耕慈さん、玉川町会事務局長の中村輝之さん、本紙・二子玉川経済新聞編集部の小林直子が登壇。鎌田さんは同カフェの「REBORN PROJECT」について披露。その後、会場の意見を交えながら、大正時代までは料亭や船着き場として栄え、昭和初期には遊園地などでにぎわった「エンターテインメント・シティーとしてのDNAを持っている」二子玉川の街の未来について、「住民目線だけでなはい、外から見た街の価値」などについて話した。

 ワークショップでは参加者が6つのグループに分かれ、「兵庫島を中心とした二子玉川の姿」について「現時点での法規制や障害を想定せずに」自由にアイデアを出し合い、模造紙に描いて発表した。「二子玉川駅の上部にまたがる120メートルの大観覧車」「足湯温泉」「ランニングステーション」「駅から直結の電飾遊歩道」のほか、「屋台村」「森林」「ウッドデッキ」などさまざまなアイデアが集まった。最後には「みんなで川(かわ)ろう!」を合言葉に、「川の時代の到来」を確認した。

 鎌田区民集会所(鎌田2)で開かれた「せたがや水辺の未来フューチャーセッション 多摩川から広がるまちづくりの未来」は、二子玉川緑地運動場(鎌田1)周辺を拠点に活動する「砧・多摩川あそび村」と「せたがや水辺の楽校」が主催。発足15年を迎える同団体は現在、それぞれの活動を融合させ「せたがや水辺デザインネットワーク」としてNPO法人を立ち上げることを目指しており、これに先立ち地域住民や関係者を招いて同法人の「目指すべき将来像」について意見交換会を開いた。

 参加者は約40人。「世田谷トラストまちづくり」(北沢)のコーディネートにより、同会議は「フューチャーセッションズ」(渋谷区)が進行を担い、「ストーリーテリング(Storytelling)」「インスピレーショントーク」「ワールドカフェ」「グループ対話」「クイックプロトタイピング」などの手法を取り入れ、発足以来行ってきた活動や、「多摩川を大事にしながら、次の世代・未来にどうつなげるか」について、参加者とともに考え、最後に「多摩川でやりたいことや活動」を実現した未来の姿を描いた「未来新聞」をチームになって作成し、会場で共有した。

| h-itai | 地域行事 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
宮本三郎

奥沢で「宮本三郎と奥沢の芸術家たち」展−芸術家の交流も紹介

奥沢で「宮本三郎と奥沢の芸術家たち」展−芸術家の交流も紹介

世田谷奥沢にあったアトリエで制作を行う画家・宮本三郎(1905〜1974)の様子を捉えた一枚

 世田谷美術館分館宮本三郎記念美術館(世田谷区奥沢5、TEL 03-5483-3836)で現在、収蔵品展「宮本三郎と奥沢の芸術家たち」が開催されている。



  昭和の洋画壇を代表する画家・宮本三郎(1905〜1974)。宮本三郎が1935(昭和10)年から1974(昭和49)年に亡くなるまでアトリエを構え、制作の拠点としていたのが今の同館がある場所。この世田谷玉川エリアには当時、隣接する目黒区自由が丘、大田区田園調布などを含め、多くの芸術家が居住していたことで知られている。

 同展では、宮本三郎と同時期にこのエリアに住み、交流などを通じて文化的土壌を育んだ芸術家16人を取り上げ、彼らの作品や資料などを展示。世田谷美術館(世田谷区砧公園)の所蔵作品と合わせ、戦前から現代にかけて日本美術史の一翼を担った重要な作家たちの表現を「ローカル」な視点で紹介する。

 宮本三郎の作品(計4点)をはじめ、洋画家の猪熊弦一郎、岡本太郎、末松正樹、利根山光人、富田通雄、村井正誠、吉仲太造、日本画家の上野泰郎、彫刻家の澤田政廣、建畠覚造の代表的な作品(計16点)を展示。美術家の岡本太郎、榎倉康二、小説家の石川達三、石坂洋次郎、舞踊家の石井漠らについては記録写真や書籍資料(30点)、映像資料をそろえる。

 併せて、解説パネルで芸術家同士の「交流」エピソードなども紹介。岡本太郎は宮本三郎と戦前のパリで交流があり、帰国後はしばしば宮本家を訪ねる間柄だったことや、宮本三郎は飼っていた犬の名前を岡本の名前から取って「太郎」と名付けたなど、美術だけではない人間的な親交も知ることができる。

 同館では「宮本三郎以外の作品を展示することはこれまで多くなかった」ことから、同展では同時代的に制作された作家の表現と同じ場所に並べることで「宮本三郎の美術史的な位置、特異性をいっそう明らかにすることを目指した」という。

 同展関連イベントとして、同館学芸員によるギャラリートーク「宮本三郎と自由が丘」(3月1日14時〜14時30分)も行う。

 開館時間は10時〜18時(入館は17時30分まで)。観覧料は一般200円。月曜休館。3月21日まで。 

| h-itai | 地域行事 | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
二子玉川再開発

放送スタジオに貸しホール機能追加−二子玉川東地区再開発計画を一部修正


放送スタジオに貸しホール機能追加−二子玉川東地区再開発計画を一部修正

II-a街区高層棟とスタジオ(低層棟)のイメージ

 二子玉川東第二地区市街地再開発組合が推進する二子玉川ライズ第2期事業の計画について一部見直しが行われ、地域住民らも利用可能な集会場「放送機能付きスタジオホール」の創設が明らかになった。


 来年4月完了予定の同地区第2期事業(II-a街区)は、敷地面積約2万8000平方メートル。すでに高層棟の地下工事が終了し地上工事が始まっている。シネコン、大型店舗区画についても鉄骨が立ち上がり、現在、周辺からは3基のタワークレーンによりプレキャストコンクリートが積み上げられている様子を見ることができる。

 同再開発事業に組合および参加組合員として参画している東急電鉄と東急不動産は、オフィスや商業などの賃貸事業を行っており、同事業コンセプト「OPEN NEIGHBORS」に基づき、周辺住民や公共機関・団体などからの要望を反映させ、当初計画の「スタジオ」用途部分に公共にも利用できる「集会場(貸しホール)」用途機能を付加。昨年12月に東京都より同変更申請の認可を受けた。

 同ホールの場所は「II-a街区」の最西側で、楽天の入居決定が報道されている30階建て高層棟の手前(南側)に位置する4階建て低層棟の1〜2階部分(3〜4階はオフィス)。面積は約400平方メートルで、天井の高さは約8メートル。屋外広場へとつながる広い入り口を設け、「地域住民や学校・公共機関などに広く利用してもらえる機能」を付加し、多様なイベントなどによる「にぎわい機能」強化につなげる考え。

 設計や運営者の決定など「詳細はこれから詰めていく段階」だが、「放送機能付きのスタジオホール」の創設により、「ホールで実施されるイベントのライブ配信や録画サービス、テレビショッピングなどさまざまな展開が期待できる」と、同プロジェクト推進担当の太田暁子チーフは話す。 

| h-itai | 地域行事 | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
商店街振興

上野毛・地下街バーでコメディー群像劇「ブラックサンタ」−元俳優店主が企画

上野毛・地下街バーでコメディー群像劇「ブラックサンタ」−元俳優店主が企画

地元のデザイン会社「BEANZ」(上野毛3)らでデザインした同劇ポスター

 世田谷・上野毛の地下街ダイニングスペース&バー「ONE PEACE(ワンピース)」(世田谷区上野毛1、 TEL 03-6809-7137)で12月25日〜29日、コメディー群像劇「ブラックサンタ」が上演される。


  同公演は、同店店主の横澤英一さんが今年4月に創設した演劇ユニット「to peace」によるパフォーマンス第3弾。上野毛の街を盛り上げるために「せたがや上野毛朝活部」をはじめとするさまざまな活動に取り組む横澤さんが、同ユニットでは俳優経験を生かし「プロアマ問わず頑張っている人を応援する」機会を創出する。

 今回の演劇テーマは「ブラックサンタ」。「サンタクロースの原型」と言われる聖ニコラウスの同行者クネヒト・ループレヒト(Knecht Ruprecht)を指し、いたずらばかりする「悪い子」を懲らしめる存在としてヨーロッパ各地の伝統的な風習に多く見られる。同公演では「誰もがイメージしている『オフィシャルサンタ』のおきてを破り、その資格をはく奪されたサンタを軸にそれぞれの抱えた思いやりを描く」。

 プロデュースと演出は横澤さんが担い、Acting Advisor(演技指導)に俳優の升毅さん、脚本は落語イベントプロデューサーの吉田達さん。そのほか出演者や宣伝・美術など、全員同店をプラットホームにつながりを得たスタッフメンバーで構成する。

 5日間で7公演を開く今回、稽古は同店の営業終了後2時以降から朝まで行われている。「どんなことでも『無理かもしれない』という考えを持たず、なんでも挑戦する『チャレンジ根性』」の横澤さん。23時開演の回については、一見型破りながらも「店を朝5時まで開けているのでちょうど始発で帰れます」と来場を呼び掛ける。

 チケットは2,500円(1ドリンク、軽食付き)。開催時間は日によって異なる。詳細は同ユニットのフェイスブックページで確認できる。 

| h-itai | 地域行事 | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
よっきー

「ゆるくない」用賀・よっきー、初出場ゆるキャラGP92位で地域に感謝

「ゆるくない」用賀・よっきー、初出場ゆるキャラGP92位で地域に感謝

ゆるキャラグランプリ92位にランクインした「よっきー」

 1580体が参加した「ゆるキャラグランプリ2013」へ初参戦した世田谷・用賀商店街の広報部長「よっきー」が12月10日、100位以内にランクインしたことへの感謝のコメントを発表した。



  9月17日から11月8日まで約1カ月半にわたって開催された同グランプリ。エントリー数は昨年の865を上回る1580体で、総投票数は1743万533票。2011年の約333万票、2012年の約659万票と年々規模が拡大。今年のグランプリを制したのは栃木県「さのまる」、2位は静岡県「出世大名家康くん」、3位は群馬県「ぐんまちゃん」だった。

 初出場の「よっきー」は総合96位・ご当地部門92位、得票数は2万7426ポイント。これまで街宣活動などで「街に福をもたらすために働く『縁起者』は、本当は『ゆる』くない」ことを訴えてきた「よっきー」。今回のグランプリ出場は「スタッフも含めて地域の多くの方々から出場を勧める声が強まった」ことを受けてのもので、「僕たちの活動は決してゆるくないということを全国に発信する機会にしたい」と話していた。

 投票期間中、週2回ほど用賀商店街を中心にチラシ配布したり、10月末の「せたがや未来博」や用賀のキャンディー店「TIK TOK」で握手会を行ったりするなど精力的なPR活動を展開した「よっきー」。同商店街理事の杉本浩一さんは「活動中、やっとゆるキャラグランプリに出たんだねという声を頂いた」と明かし、同商店街事務所の「ハロー*ようが」には期間中毎日順位を聞きに来た人もいたといい、「街の方々に応援していただいて92位になることができたと、あらためて感じている」と話す。

 11月24日の同結果発表を受け「よっきー」は取材に対し、「応援してくださったみなさん、ほんとにありがとうございました。みなさんにありがとうを伝えられるようにこれからももっとがんばりますので、ぜひ用賀商店街にぼくに会いにあそびにきてください♪まってます!」(原文ママ)とコメントを寄せた。

 世田谷区内ではほかに「等々力商店街振興組合」所属の「とどロッキー」が出場、504位で2600ポイントを得票した。 

| h-itai | 地域行事 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
巨大ツリー
 

自由が丘南口で天然クリスマスツリー点灯式−桑山哲也さんのライブも


自由が丘南口で天然クリスマスツリー点灯式−桑山哲也さんのライブも

天然のモミの木を運び込んで装飾する、自由が丘南口のクリスマスツリー(写真は昨年の様子)

 自由が丘南口の九品仏川緑道で11月23日、「Marie Claire Christmas 2013」クリスマスツリー点灯式が行われる。主催は自由が丘南口商店会。協力は目黒区、世田谷区、東京急行電鉄、JA嬬恋村、嬬恋キャベツ振興事業協同組合、自由が丘商店街振興組合。

 石畳の並木道が数百メートル続く、自由が丘南口の憩いの場として親しまれている同所。「街の中に生きたモミの木を飾ることで自然の偉大さと大切さ身近に感じてもらいたい」(同商店会)と2010年から、クリスマスシーズンには天然モミの木によるツリーを設置している。

 同商店会関係者が毎年群馬県嬬恋村に足を運び、樹齢30〜40年のモミの木を選んで根付きのまま同所へ運び込む。今年のモミの木は約6メートル、「柔らかい樹形でよい木を選ぶことができた」という。全体を暖色のLED電球でライトアップし、展示終了後は木を産地の森へ帰している。

 点灯セレモニー(17時予定)では、青木英二目黒区長と東急東横線自由が丘駅をはじめ同電鉄各駅長が集合し、カウントダウンで電球を一斉に点灯。正装した駅長たちがツリー前で敬礼も行う。

 点灯式(16時〜)では、アコーディオンプレーヤー桑山哲也さんライブ(16時〜16時30分)、金管五重奏団「自由が丘クインテット」による演奏(17時20分〜17時35分)なども予定。プレーヤーだけでなくソングライターとしても知られる桑山さんは、この日のために作った同商店会オリジナルソングやクリスマスソングメドレーを演奏する。式に先駆け、モミの木の産地である嬬恋村の特産品試食・販売会(13時〜)も開く。

 イルミネーションの点灯時間は16時30分〜24時。12月25日まで。

| h-itai | 地域行事 | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
二子のシネコン

二子玉川ライズで「復活」シネマナイト−2年後のシネコン開業にらみ開催へ

二子玉川ライズで「復活」シネマナイト−2年後のシネコン開業にらみ開催へ

 

昭和50年代の映画館「二子東急」(当時は二子劇場)
二子玉川ライズ ガレリア(世田谷区玉川2)で9月27日・28日の2日間、映画上映会「フタコ シネマ ナイト2013」が開かれる。

 同上映会は、東急電鉄、東急不動産が進める2015年春開業予定の二子玉川ライズ・第2期事業において、10スクリーンで約1700席を備えるシネマコンプレックス「109シネマズ」を出店予定の東急レクリエーションとの連携により初開催する。世田谷区で初となる同シネコンが誕生することに先駆け、かつて1957(昭和32)年に開館の映画館「二子東急」のあった同街に映画上映を復活させることで二子玉川ライズ第2期事業への期待感をより一層高める狙い。

 当日は、280インチのスクリーンを設置し約200席を用意、両日夜に、それぞれ1作品を上映する。上映作品は「オーシャンズ」(27日=103分、2009年フランス)と「皇帝ペンギン」(28日=86分、2005年フランス)。「都市と自然が融合する二子玉川にふさわしく、『自然・環境』をテーマとした2作品を選定した。家族や仲間とご一緒に大型スクリーンで幅広い世代の方に映画を楽しんでいただければ」と同企画担当者。

 両日とも18時開場、19時より本編上映。全席自由で鑑賞無料。

 
| h-itai | 地域行事 | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スフィーダ世田谷
 
日本女子サッカーリーグ AS狭山がなでしこL昇格

 日本女子サッカーリーグは26日の理事会で、2部に当たるチャレンジリーグで2位となったAS狭山の来季なでしこリーグ昇格を決めた。チャレンジリーグ1位の常盤木学園高(宮城)が昇格条件である準加盟資格を保有していないため、AS狭山が自動昇格する。

 チャレンジリーグ3位のスフィーダ世田谷は11月に、なでしこリーグ9位のチームとホームアンドアウェー方式の入れ替え戦に臨む。

 
| h-itai | 地域行事 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
気仙沼のマスコット 海の子 ホヤぼーや

気仙沼のマスコット 海の子 ホヤぼーや
被災地ボランティアで伺った、気仙沼市からゆるキャラのご案内とゆるキャラグランプリへの投票依頼があった。

○投票期間:917日(火)〜118
○投票先URLhttp://www.yurugp.jp/


用賀商店街の「よっきー」もエントリーしてました。 どっちに投票しようかな・・・・。
「ほんとはゆるくない」用賀・よっきー、「ゆるキャラグランプリ」に初出場

| h-itai | 地域行事 | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
公募をもとに編集した「かみのげの唄」歌詞

世田谷・上野毛商店街公式ソング「かみのげの唄」完成−歌詞を地域で公募

世田谷・上野毛商店街公式ソング「かみのげの唄」完成−歌詞を地域で公募

 世田谷区の「商店街振興組合上野毛商和会」は、同商店街公式ソング「かみのげの唄」を制作し、7月27日のサマーフェスティバルで初披露されました。

| h-itai | 地域行事 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP