S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
<< 陶芸講習会 | main | てんかん発作 >>
さぎそう
区民にはさぎそうの愛好家が多い。

世田谷区の花 鷺草(サギソウ)

 

さぎ草の写真
さぎ草
さぎ草説明図1
さぎ草説明図1

サギソウは北海道、青森を除く日本各地の湿地に自生する野生ランです。
小さな球根から4月下旬頃に地上に芽を出し、7月中旬頃に伸びた茎の先に白鷺が飛んでいるような形の純白の花を数輪咲かせます。その間地中では、3本程の地下茎が伸び、その先端に次世代の球根が作られています。(補足)図1参照
そして、今年、花を咲かせた株と球根は、秋にはすべて枯れ、新しい球根が来年花を咲かせます。
サギソウは世田谷区内の水辺にも自生していたといわれ、サギソウ伝説(添付ファイル参照)も残っていますが、現在、世田谷区に自生地はありません。
世田谷区では昭和43年に区民の公募によってサギソウを「区の花」に制定しました。
以来、区内の多くのまちづくりセンターフラワーランド(瀬田農業公園)で栽培の講習会が開催され、上手に育てたサギソウの展覧会が各地域で行われています 。


| h-itai | 議員活動 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.h-itai.net/trackback/1630930
トラックバック