S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
<< 巨大ツリー | main | 下北沢駅周辺、商業・住宅・文化区域に >>
「がやリン」

自転車シェア:世田谷の「がやリン」が人気 4駅に駐輪場 東京

2013年11月19日

「がやリン」のポートには普通自転車から電動機付きまで、多様なタイプの自転車がそろっている=世田谷区の東急電鉄桜新町駅近くのレンタサイクルポートで

 東西方向に比べると南北方向の公共交通機関が弱い東京都世田谷区で、コミュニティーサイクル「がやリン」が人気を集めている。地域の足にしてもらおうと始めた区の事業は、放置自転車削減にも効果を上げる。区は今後、事業実施の範囲を広げる方針で、自転車政策の専門家からは、全国でも同様の取り組みを実施すべきだとの声が上がっている。

 横長のひし形をした世田谷区の面積は58.08平方キロあり、23区の中で2番目に広い。だが、東西方向に京王線や小田急小田原線、東急田園都市線などが走る一方、南北方向をつなぐ鉄道路線が少なく、車がなければ移動しにくい。通勤・通学や買い物で自転車を利用する人は多く、駅前などの放置自転車も問題になっていた。

 そこで区は2007年、北西から南東に向かう形で▽京王線の桜上水駅▽小田急小田原線の経堂駅▽東急田園都市線の桜新町駅▽東急大井町線の等々力駅の4カ所にポート(駐輪場)を設置。どこのポートでも自転車を借りることができ、借りたところと違うポートにも返却できるコミュニティーサイクル事業を始めた。「せたがや」の「チャリンコ(自転車)」で通称「がやリン」だ。

 4カ所のポートで、普通自転車(ママチャリ)の他、電動アシスト付きやチャイルドシート付き自転車を計1054台扱う。北側の中央自動車道から南側の多摩川を線でつなぐようにポートを整備し、南北方向の移動を容易にした。

 利用できるのは12歳以上の区内在住者か在勤・在学者。24時間の貸し出しは1回200〜300円、1カ月単位なら学生1700円、一般2000円と安く抑えた。取引先を回るために「がやリン」を利用する川崎市高津区のアルバイト女性(66)は「これまでは徒歩やバスで通っていたので大変でした。自転車は機動力もあり便利です」と話していた。利用度も上々だ。区交通安全自転車課によると、1日の貸し出し回数を自転車の台数で割った利用率(普通自転車)は、11、12年とも100%前後で推移していたが、今年9月に平均124%へ上昇。担当者は「1台の自転車を多くの区民で共有でき、放置自転車対策にもつながる」と有効性を説明する。 

| h-itai | 地域課題 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.h-itai.net/trackback/1630978
トラックバック