S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
<< 27年2月26日一般質問◆ー,縫ャチボールのできる公園の整備について伺います。 | main | 27年2月26日一般質問ぁ‘値椶寮鞍と社会福祉事業団について >>
27年2月26日一般質問 望みながら幼稚園に入園できない子どもについて
次に、望みながら幼稚園に入園できない子どもについて伺います。 
昨年の予算委員会で、25年度版の「保健福祉総合事業概要」に掲載されている数字を挙げて、3歳から5歳までの幼児のうち、在宅で子育てをされている子どもの数は1935人と読み取れるが、どの様な所で子育をされているのかと尋ねたところ、711人は把握しているがその他は分らないとの答弁でした。更に、望みながら私立幼稚園に入園できない3歳児の子どもの数について質問したところ、「平成24年度で860人、25年度で1010人、26年度で1115人と増加傾向にある」との答弁でした。26年度版の同事業概要では、その数は144人増え2079人となっており、特に4・5歳児で、在宅で子育てをされている割合が約7%と年々高くなっています。また27年度、私立幼稚園に入園できない3歳児は約1300人となっており、3年続けて千人を超えています。
今後5年間、幼児人口の増加が見込まれるなか、幼児教育の重要性を説いているわが党としては、望みながら幼稚園に入園できない子どもが増え続け、在宅になっても、どの様な環境で過ごしているか、掌握できていないことは、見過ごせないと考えます。区はこの状況をどの様に認識しているのか伺います。
重ねて申し上げますが、わが党は、人の一生の中で、幼児期は生涯にわたる人間形成の基礎が培われる重要な時期であり、幼児は遊びや生活を通じて、情緒的・知的・社会性を身につけるばかりか、知的・感情的な面だけでなく、人間関係の面においても、急速に成長する時期なのです。区も就学前幼児教育を推進することを表明されていますので、在宅になっている幼児が、どの様な環境で過ごしているかを調査することは、重要な一歩と認識していますが、区の見解を伺います。

 
| h-itai | 議会報告 | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.h-itai.net/trackback/1631020
トラックバック